コロラド通信~ごあいさつ

人との出会いにより、熊野の仲間の輪につなげて頂いた不思議で有難い流れが続く中、「頑張ろらい 熊野」Tシャツを贈って頂いた。

撮影に出向く際に時々着させてもらい異国の空気を熊野に届けられれば、と私なりの熊野への感謝の思いがある。

写真は2019年に南米ボリビアのウユニ塩湖で撮影したものだが、不思議なご縁、人との出会い。表現し難い広大なスケールの自然の偉大さに覆いつくされ、自分がどこにいるのかも忘れてしまうような感覚の中で与えられる「その時」を後になって写真を見ることで改めて感慨深く思う。

自然とつながる時、人は物理的な距離を超えてつながりを持つ仲間との波動のようなものを共有できるのではないか。

自然は畏敬の念を持って訪れるものを決して手ぶらでは帰さない。熊野を案内して頂いた時の不思議な経験も合わせて思う。
https://museum.heimnohiroba.com/cgi/kiyo/bbs44.cgi

K. Koike


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA